研究課題1天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究

研究開発の具体的内容

≪研究機関:国立研究開発法人水産研究・教育機構(中央水産研究所、東北区水産研究所、瀬戸内海区水産研究所、水産工学研究所)、岩手県水産技術センター、国立大学法人岩手大学、国立大学法人東北大学、国立大学法人北海道大学、国立大学法人広島大学、学校法人北里研究所北里大学、石村工業株式会社、一般社団法人漁業情報サービスセンター、スタンレー電気株式会社≫

漁業・養殖業活動の支えとなる三陸沿岸の海況予測システムを構築するとともに、基幹産業であるワカメ養殖、サケ漁業に効率的なシステムを導入することにより、漁業生産の向上と収益の増大を図る。これらの実証研究を行うことにより、復旧支援にとどまることなく、岩手県水産業を効率的な漁業、養殖業生産システムへと進化させ、水産業の低コスト化、高収益化を実現しつつ、水産物の供給基地としての機能を強化することに貢献する。